伊豆・三津シーパラダイス

沼津駅南口よりバスで約36分。「みとしー」の愛称で親しまれている伊豆・三津シーパラダイスは、イルカのショーが人気の歴史ある水族館です。

伊豆・三津シーパラダイス(いず・みとシーパラダイス)

伊豆・三津シーパラダイス

静岡県沼津市にある伊豆・三津シーパラダイス(いず・みとシーパラダイス)は、西武グループの伊豆箱根鉄道が運営している水族館です。1930年3月に前身となる「中之島水族館」が日本で5番目に開業し、1941年3月に「三津天然水族館」に改名、1977年5月には現在の「伊豆・三津シーパラダイス」に改名し、水槽など設備内容が何度か大幅に改変され、現在では日本で2番目に古い歴史を持つ水族館になっています。

 

伊豆・三津シーパラダイス イルカショー

Photo by:ja.wikipedia.org

「みとしー」の愛称で親しまれ、日本で初めてバンドウイルカ(ハンドウイルカ)やラッコの飼育を開始した水族館として知られています。駿河湾の沖合や深海に生息する海の生物を中心に、約300種3800点の海の生物が展示され、バンドウイルカ・セイウチ・アシカ・トドたちによるショーや、イルカの餌やり、トレーナー体験、イルカと間近で触れ合えるドキドキイルカウォッチングなどが楽しめます。

 

2016年7月1日には、「みとしーの森」『「DON底 (ドンゾコ)」への道 ちょい底(ゾコ)』『mini パラ ぷらす! 「すなあそび~ち」』「モット! いそあそび~ち」「モモイロペリカン」など複数の新展示がオープンしリニューアルしています。

 


2007年8月に改修工事が開始し、2007年10月にオープンした「クラゲ万華鏡水槽」では、山形にある加茂水族館で繁殖された約500匹に及ぶミズクラゲたちが、縦1.6m×横4m×奥行き1mの水槽でゆらゆらと漂っています。 水槽側以外の3面が鏡面ガラスになっていて、まるで青白いクラゲたちに包まれているような幻想的な世界を体験できます。

 


淡島や西浦湾の長井崎など三津湾内を周遊する、イルカの形をした黄色い遊覧船「チャッピー」は、2008年7月19日から運航していましたが、2016年4月16日に運航を終了しています。(チャッピーは、志摩マリンレジャーの鳥羽湾めぐりに使われていた船体で、現在は長崎のハウステンボスで大村湾遊覧クルーズに使用されてます。)

 


セイウチをモデルにした、マスコットキャラクターの「うちっちー」は、2013年に「沼津市立内浦小学校」が学習の一環として取り組んでいた地域活性化をきっかけに誕生しました。6年生たちの「キャラクターで内浦をPRしては?」というアイデアを元に、みとしーのスタッフや手芸クラブなどが協力し、2014年の3月に初代の「うちっちー」が誕生しました。 現在活動しているのはバージョンアップした2代目の「うちっちー」です。(2015年11月~)
「うちっちー」という名前は、”自分たち”という意味の方言「うちっち」と、内浦の「うち」、みとしーの人気者セイウチの「うち」をかけて名付けられています。

 

2014年には、静岡県三島市を舞台にした宮藤官九郎脚本によるドラマ「ごめんね青春!」の第4話にロケ地として登場しています。
2016年には、静岡県沼津市内浦を舞台にしたアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」や、アニメ内のスクールアイドルグループ「Aqours」(アクア)のシングル「恋になりたいAQUARIUM」のPVに登場し話題になっています。アニメには「うちっちー」も登場しています。

伊豆・三津シーパラダイス 周辺の観光エリアマップ

観光施設観光施設 宿泊施設宿泊施設 グルメスポットグルメスポット 沼津駅沼津駅

名称 伊豆・三津シーパラダイス(いず・みとシーパラダイス)
営業時間 9:00~17:00 (最終入館は16:00)
休館日 年中無休(メンテナンス休館日の場合あり)
料金 おとな(中学生以上)2,200円

4才~小学生1,100円

交通アクセス (バス)沼津駅南口より8番乗り場 木負/江梨/大瀬岬/戸田 行き 約36分(片道780円)

東海バス 時刻表(木負/江梨/大瀬岬/戸田行き)
(車)東名沼津インターから約30分
新東名長泉沼津インターから約30分

 

※目的地が「伊豆・三津シーパラダイス」の方は、沼津駅からよりも「三島駅」から伊豆箱根鉄道駿豆線で「伊豆長岡駅」→伊豆箱根バス「伊豆・三津シーパラダイス方面」の利用がおすすめです。
伊豆箱根バス 時刻表(伊豆・三津シーパラダイス方面)

住所 〒410-0295 静岡県沼津市内浦長浜3-1
お問合わせ 電話:055-943-2331

FAX:055-943-2336

駐車場

大型バス:15台
乗用車:300台
(駐車場営業時間は17:00まで)

公式URL http://www.izuhakone.co.jp/seapara/